IMG_0956
0

☆テリアス式 サークルトレーニング☆

今回も園田は、パピートレーニングについてお話ししたいと思います。

今回のパピートレーニングは、テリアス式サークルトレーニングについてのお話しです。
仔犬がご家族の仲間入りをした日からしばらくの間、仔犬はサークルの中だけで生活をします、遊ぶのはもちろん食事・排泄・夜寝るのもすべてその中だけでおこないます。

 

しかし、これを続けるのは本当に難しい事です!

何が難しいかと言うと…

 

飼い主様達が我慢できないのです!!ww

 

わかりま!よ〜くわかります!!

可愛いんですもん!サークルから出して遊ばせてあげたいですよね!!

お部屋にはこんなにスペースがあるのに、サークルの中だけはかわいそう!

 

IMG_4156

 

しかしこの考えは全て逆なのです。

テリアスでお世話させていただいた仔犬に限るかもしれませんが、この頃のテリアスっ子達は、サークル内でしか生活をしてないので、サークル以外を知らないのです。

 

犬には各々性格がありますが、ほとんどの犬は、自分の寝床を汚すことを嫌います。

すなわち、サークル内の半分に居心地の良い寝床スペースを、犬用ベッド・まくら・おもちゃ等で作り、残りの半分にトイレトレーを置くことで、仔犬にわかりやすい環境を整えてあげる、そのサークル内で、睡眠・食事・排泄を行う事で、仔犬達にとって当たり前の空間となり、自分のテリトリーとなります。

IMG_2907

 

ですが、突然広い部屋での自由を手に入れたらどうなるでしょうか?

排泄の失敗・誤飲…etc、この時期の仔犬は必ず何か失敗をしてしまいます。

そうなると、「やっぱりまだ早かったね!」と言ってサークル内に戻します。

 

これが1番仔犬にとって辛く・勿体無い出来事だと思います。

 

「あんなに広くて自由な場所があったんだ!ここせまいな…」「あれ?おしっこしたら閉じ込められちゃった?」…etc

 

S__18931768

自分にとって安心でき、当たり前だった空間が、違和感のある空間に変わってしまうのです。

 

ですから、テリアスがサークル内での生活を長く行うにはこんな理由があります。

・失敗の確率を下げ、怒るのではなく褒めるタイミングを意図的に作ってあげる事で、どうしたら褒めてもらえるかを考えさせる。

・運動量を意図的に減らす事で、オーバーワークを抑える。

・お留守番がなんなくできる子へ。

・そして、前回お話しした、抱っこトレーニングこそが、唯一サークルから出れる行動となる事で、飼い主様との絆・上下関係を深めてもらいます。

 

S__3686410

サークル内で日常を過ごしてもらう方が、メリットが多いのです!

もちろん、一生ではありません!この時期に頑張ったご家族は、その後一生お部屋の中で自由に暮らせる子に成長してる子がほとんどです♪

 

更に、次回お話しする予定のトイレトレーニングの最大の助けとなるのが、抱っこトレーニングとサークルトレーニングです♪

お楽しみに〜♪

 

テリアス統括マネージャー 園田

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です